横浜 自動車 板金 塗装 エアロパーツ オールペイント 専門店 フェローワークス
自動車 鈑金塗装 フェローワークスin横浜
修理車両紹介 シトロエン ZX 1992年式
シトロエン 塗装トラブル車両の入庫になります。
写真からも見受けられるかと思いますが、特に上三面の塗装が剥がれてきてしまってる状態です。

今回は フード ルーフ リアゲート 上部の修正を行います。
塗装面のクリアーがポロポロと剥れてきてます。
クリアーの劣化だけなのか調べるために表面を研ぎこみます。

塗装は大きく分けると
・下地材サフェーサー( 防錆 塗装の食いつき)
・色
・クリアー
の層に分かれています。

色まで研ぎこみましたが劣化は下地材付近にまで及んでいました。
さらに研ぎこんでいくと鉄板付近までダメージが及んでました。

作業の工程でハンドルやガラスはなぜ外すのか?
「必要ないのでは?」 とよく問い合わせがあります。
下地作業時キワ部分が重要です。
普段モール等で隠れている部分が写真のように劣化しています。
モール・ガラスモール・ハンドル等で隠れては、いますが・・・。

目立つ面の部分は当然のことですが、フチの部分から作業しなければそこから剥がれ等のトラブルが起こります。
また、水等が溜まりやすい部分でもあるので錆が出てきている例が多々あります。

錆等も削りプライマー(錆止め)を塗布し長く錆が出にくくなる作業をします。

今回もフロントガラスのモールは外すと再使用不可能なので交換します。(先にモール部分を切断し作業し最後にガラスを外しガラスに合わせこんでいるモールを交換します。黄色いテープ部分です。)

つづく



検索エンジン等から直接こちらのページにお越しになった方は
下記のTOPページからお入り下さい。
TOP

FELLOW WORKS